著者名(か行)

近藤史恵

近藤史恵『ヴァン・ショーをあなたに』を読んで考えたこと

家庭料理はきっと誰かの心と体を温めている こがねの こんにちは 今日の本はこちらです 今日の本 近藤史恵 著  ヴァン・ショーをあなたに 『氷姫』より いずみくん ビストロ・パ・マルの 2巻目です 感想と考えたこと 感 想 前回の続きです ...
近藤史恵

近藤史恵『タルト・タタンの夢』を読んで学んだこと

好きなもの、楽しいことだけを組み合わせれば、面白くないはずがないと学んだ1冊 こがねの こんにちは今日の本はこちらです 今日の本 近藤史恵 著  『タルト・タタンの夢』 『ロニョン・ド・ヴォーの決意』より いずみくん TVドラマにもなったお...
川口俊和

川口俊和「やさしさを忘れぬうちに」で考えたこと

我が子の不幸は、見過ごせない親。冒険させるのにも相当な覚悟がいる こがねの こんにちは 今日の本はこちらです 今日の本 川口 俊和 著 やさしさを忘れぬうちに『第三話 結婚を許してやれなかった父親の話 』 いずみくん 『コーヒーが冷めないう...
垣谷美雨

垣谷美雨「墓じまいラプソディ」で考えたこと

お墓の存在が環境問題にまで結びつく。地球のために真剣に考えなければいけないと思った。 こがねの こんにちは 今日の本はこちらです 今日の本 垣谷美雨 著  墓じまいラプソディ いずみくん 墓じまいと切り離せない苗字問題!若者世代の 『夫婦別...
クルベウ

クルベウ「大丈夫じゃないのに大丈夫なふりをした」で考えたこと

私の人格を尊重しない相手には、尊敬語を使って壁を築いてしまおう 見下してくる相手に、あなたの貴重な時間を割く必要はない こがねの こんにちは 今日、ご紹介する本はこちらです 今日の本 クルベウ 著 藤田麗子 訳  大丈夫じゃないのに 大丈夫...
久住昌之

久住昌之「するりベント酒 」で考えたこと

不自由な世界するりと抜けるには、技術も経験もお金もいらない 著者が見つけたコロナ禍の飲食店と心を救ったお楽しみ こがねの こんにちは 今日の本はこちらです 今日の本 久住昌之 著 和泉晴紀 画  するりベント酒 いずみくん コロナ禍喋らない...
きんの

1人でできる不安解消法「54歳おひとりさま。古い団地で見つけた私らしい暮らし」で学ぶ

漠然とした不安とその解決策を書き出したノートは、その後の人生を救ってくれる大切なアイテム 月1回のじぶん会議は、未来の私のために大切な時間 こがねの こんにちは ようこそいらっしゃいました今日の本はこちらです 今日の本 きんの著 54歳おひ...