森沢明夫『ロールキャベツ』を読んで、煩わしいことについて考えた

森沢明夫

毎日の煩わしいことは、成長中の証・・中高年でもね!

こがねの
こがねの

こんにちは
今日の本はこちらです

今日の本

森沢明夫 著  ロールキャベツ
第七章 金色の文字 [夏川 誠]より

いずみくん
いずみくん

大学生のお話です

周りの大人も素晴らしいです

煩わしいことがあるのは、今、『成長中の人』だから

<今日の言葉>

「例えばさ、リアルに命をかけた勝負とか、絶体絶命のピンチとか、名探偵が解決するような殺人事件とか、そういうのって、ほとんどの人は経験しないまま人生を終えるわけでしょ?(中略)ってことはさ、小説にするほどのことすら起きてないのにー、ぼくらって、ほんと些細なことで悩んだり、泣いたり、怒ったり、苦しんだりしてるってことだよね」

(第七章 金色の文字 [夏川 誠])

毎日、煩わしいことありませんか?

特に人間関係・・・もう、ホント腹が立ちます😤

しかし、この言葉・・・

確かに、コナンくんのように、道を歩けば殺人事件に出くわすこともありません(笑)

まあたまに、

これ橋田壽賀子さんなら、どういうドラマにするんだろう?

垣谷美雨さんなら、どんな小説にするんだろう?

なんて、家庭のいざこざもあるんですけどね

きっと、当たり前すぎて、ドラマにも小説にもならないんだろうなぁ(笑)

さらに、著者、あとがきの中で、

そんな些細なことにも悩みや怒りを感じるのは、『成長中の人たち』だからこそだと述べています

なるほど、中高年も『成長中』かぁ
嬉しくなる言葉ですね

ある日、突然、達観した見方ができた時がその悩みから卒業できた証

まだまだ色んな面倒が待っていそうですが、命懸けの勝負や絶体絶命のピンチ、ましてやコナン君は必要としないものばかりのはず・・

どんなことも乗り越えられる

勇気もらいました

でも、大変な時は、助けを呼ぼう

感想(読書メーター投稿)

大学生の話で、400ページ越え

読み終えるかどうか不安だったけど、さすが、またぐいぐい引き込まれ、あっという間に読了でした

素敵な大人たちの応援によって成長していく大学生たち

しかし、 私の視点は、大人の方だったよぉ。 ちょっと残念!

本のこと

本のデータ

著 者 森沢明夫
出版社 徳間書店
発行日 2023年5月31日

人生の脚本は、自分で書き換えられる!

夢も趣味もない大学2年生の夏川誠をかえたのは、ただ椅子に座るだけの遊び「チェアリング」の仲間たちだった。(中略)

生まれ変わるなら、生きてるうちに。

(徳間書店 公式サイトより一部抜粋)

森沢明夫さんの作品は
どれを読んでも心温まる作品

幸せになります

413ページにも及ぶ超大作
にも関わらず、2日で読めました
さすがの文章力。飽きさせません!

文字も大きめ、中高年の目にも優しいです

ロールキャベツ - 徳間書店

コメント

タイトルとURLをコピーしました